税制改正とFXとの関係とは? 


fsdffsdd

FXとは確定申告が必要となる取引です。これは通常の収入と同じように、金額によってかけられるものなのですが、2012年を境に、うれしい税制改正があったのをご存知でしょうか。

FXの取引には2つの種類が存在します。1つは、投資家の注文を、金融機関が外国為替証拠金取引(FX)の公設の取引所に取り次ぐ、取引所取引と言うものです。もう1つは、取引所を介さず、カバー先の金融機関と取引を行う、店頭取引というものです。この2つは、少し取引上のシステムが異なるだけで、FXとしての基本的な仕組みはほとんど一緒です。 

しかしこれまで店頭取引では、「総合課税」という、所得に比例して税率が高くなる税制が適用されていました。最大で、所得が1800万を超えた場合は50%もの税率が適用されます。一方、取引所取引の税率は所得に関係なく一律20%なので、稼げば稼ぐほど不公平になっていくことになります。

システムが少し異なるだけで、FXで出した利益であるということは変わらないのにこれではおかしいので、税制の改正が行われ、取引所取引の税率に合わせて店頭取引でも一律20%の税率が適用されました。これで、税金のことを考えて店頭取引を選ぶのを躊躇していた人も選択の幅が広がり、サービスなど、会社の中身を重視して、よりメリットのあるFX会社を選ぶことが出来るようになったということです。

2012年の税制改革では、このように税金における格差がなくなったという事の他にも、メリットがありました。

ひとつは、先物取引などの他の投資商品との損益通算が可能になったことです。FXも先物取引もやっているという方なんかは、先物取引で損が大きかったとき、FXで利益がでていても通算でマイナスであれば、FXの所得の分に税金がかからなくなるということです。

そして他には、3年間損失の繰り越し控除が受けられるということです。損失を申告してから3年間は、FXで収入があってもその額が損失額を上回るまでは課税対象にはなりません。ただし控除を受けるためには毎年確定申告をする必要があります。  このように税制が変わったことで、損失が出た場合のフォローがしやすくなっています。FXの取引がしやすくなったと言えそうです。iGaitameというFX業者があるのですが、ここのサポートはかなり親切で、税金について問い合わせを行ったところ、詳しく教えてくれました。ユーザーのアフターケアも出来る業者を選びましょう。










     KaigaiFXBO.com