確定申告を怠るとFXで脱税になりかねません


fsdff

昨年は年の前半までドル円がとにかく円安となりドルが一方的に上昇したことからFXでも大きな利益を上げられたかたが多かったのではないかと思いますが、当然のことながら、こうしたFX投資の利益についても税金の支払いが必要となります。通常FX投資の利益は雑所得になり、給与所得とは別に一律儲けに対して20%の税金を支払うことが義務付けられています。

ただ、こうした雑所得が年間で20万円以下であり、源泉徴収で既に税金を納めている給与所得者に限っては確定申告はしなくていいというルールがあります。したがってこれを超えるような利益があがった場合には確定申告で納税することが必須となるのです。

ただ、通常の給与所得と違って累進課税にはなっていませんので、1000万稼げた場合には200万、1億なら2000万と固定料率で税金を支払うのはかなりお徳ということができます。これが給与所得で1億円であれば4000万以上の税金となりますから、そういう意味ではFXでの収入は税金をとられにくいものということができます。

こうした確定申告時には僅かではありますが、通信費や書籍代、パソコンなどのデバイスにかかった費用などを経費として利益から差し引くことができますので、残りの部分に課税されると考えておけばいいことになりますが、パソコンひとつで取引するものですから、法人のようになっていない限りは認められる経費も限定的であることだけは事前に理解しておくべきです。

ところで儲かったときは支払う税金ですが、大きく損益を抱えたときには確定申告時にその金額を申告しておきますと、翌年度以降に儲かった利益と繰り延べして相殺することができるのです。(ちなみにこの情報は、ハイローオーストラリアと口座開設が簡単な24Optionのサポートの方に教えてもらいました。)こうした相殺ができるのは他の雑所得ではだめですが、商品先物、日経225の先物取引の損益、CFD,オプション取引、上場カバーワラントの損益とならば損益通算が可能になりますので、年間を通じて儲かったもの、損したものをよく洗い出して申告することが重要となります。

この損益通算や繰り延べは2013年から始まった制度でご存知ない方もいらっしゃるかもしれませが、納税と同様に重要な情報ということができますので、損をした方は確実に確定申告時に損益を申告されておくことをお勧めします。










     KaigaiFXBO.com