FXというのはどのようなものでしょうか?


fsdffsd

FXというのは、外国為替証拠金取引ということで、決済代金の担保として証拠金を差し入れてトレードを行う金融商品です。担保として証拠金を差し入れてトレードを行う先物トレードと同じように、証拠金の例えば25倍というように良い資金効率のトレードを行うことができます。例えば、1単位が1万米ドル100万円のトレードを行う際に10万円の証拠金が必要になる場合、証拠金の10倍のトレードを行うことができます。

少ない額の資金で、このように資金の何倍もの金額のトレードを行うことが可能であることをレバレッジ効果と呼び、このような時は10倍のレバレッジと言います。また、トレードを行った結果生じた未決済建玉や決済損益の評価損益というのは、一般的には証拠金に反映されます。損失が生じたために証拠金が引かれた時には、証拠金が足りなくなって、追証という追加の証拠金を差し入れたり、あるいは資金を預託したりすることが必要になる場合があります。

なお、トレードを行う場合は、FX会社に事前に証拠金を差し入れする必要があります。先物のトレードの場合には取引期日というものがあり、期日が来ると最終的に決済を行う必要があります。一方、FXの場合には、その日のトレードが終った際の未決済の建玉を、次の日のトレードの建玉に自動的に繰り延べするというようなシステムがあります。このシステムのことをロールオーバーと呼んでいます。

そのため、FXのトレードというのは、期日を気にしないでトレードを行うことができます。また、FXのメリットの大きなものの一つとして、建玉が次の日のトレードの建玉に自動的に繰り延べされる場合に、スワップポイントというそれぞれの通貨の間の金利の違いに相当するものが生じてくるものがあります。金利高い通貨を買って、金利の低い通貨を売るという建玉を次の日のトレードの建玉に繰り延べすると、スワップポイントをもらうことができます。

具体的には、米ドルの年3%の金利が、円の年1%の金利と仮定すると、米ドル/円の買い建玉を持っている場合には、3%の金利と1%の金利の差の2%の金利にあたるスワップポイントをもらうことができます。一方、金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買うという建玉を次の日のトレードの建玉に繰り延べすると、スワップポイントを払う必要があります。このようにFXの場合には、いろいろなメリットがある一方でデメリットもあるため、上手にトレードを行いましょう。 最近ではFXと同時にバイナリーオプション取引もやっているトレーダーが増えて来ています。これからバイナリーオプションも始めてみようという方はワイバイナリーやNRGバイナリーをチェックしてみて下さい。他の業者と差をつけた、独特のボーナスオファーが魅力です!










     KaigaiFXBO.com